赤ちゃん 熱 鼻水 下痢

赤ちゃんの熱 鼻水 下痢などの対処法を理解しましょう

当サイトを見ていただきありがとうございます。

 

本サイトでは赤ちゃんに関する、心配な病気
主に

 

・熱
・鼻水
・下痢
・便秘

 

などの対処方法について解説しています。

 

赤ちゃんは子供と違って
ここが痛いとか話をしてくれないので

 

ちょっとした変化にも気をつけてあげたいですね。

 

 

特に赤ちゃんの場合は、熱や鼻水など
普通だったら風邪かな?

 

 

と思うような症状であっても
まだ身体が弱いことに起因する

 

ウイルス感染や
伝染病が原因でそういった症状になることもあります。

 

 

熱の場合は、おでこを冷やすと嫌がったりするので
リンパの辺りや脇の下を冷やして上げたりして
まず様子を見ますが

 

熱が出ないのに咳や下痢など
風邪ではない症状が出た場合は、
早めに病院に連れて行って、しっかり診察をうけましょう。

 

 

くしゃみや咳は
乾燥だったりほこりが原因のアレルギーの場合も考えられます。

 

 

急に熱が出た場合の対処法は?

 

 

一般的に赤ちゃんは少し体温が高めです。
ぐっしょり汗をかきやすいのはそのためだったりします。

 

 

38度など体温が多少高くても
ミルクを飲めるような状態であれば
身体を冷やしてあげるなど、少し冷静になって
病状を見守りましょう。

 

しばらく安静にしてあげれば
ほどんどの場合快方します。

 

 

ただ、体温が上がったり下がったり
急に39度になったりした場合は
感染症や伝染病の可能性もあるので
なるべく早く病院に連れて行ってあげましょうね。

 

 

特にぐったりしてミルクも飲めなくなると
どんどん病状が悪化する場合もあるので要注意ですね。

 

 

本サイトでは

 

こうしたさらに具体的な
熱や鼻水、下痢などについての
状況に応じた対処方法とその原因を解説しています。

 

 

大切な赤ちゃんのためにも
こうした知識があると安心ですので
ぜひ参考にしてみてください。