赤ちゃん 下痢

下痢の対処法記事一覧

ここでは赤ちゃんの下痢がいつまでも続く場合の対策について解説しています。赤ちゃんの便がいつもより水分が多い場合は、どのような病気を疑えばいいのでしょうか。水分がいつもよりもかなり多く、しかも1日6回以上の排便がある場合は、下痢と考えていいでしょう。まず、急性と慢性があることを覚えておきましょう。急性で一番多いのが、食中毒や感染性の胃腸炎です。感染性胃腸炎には白色便性下痢症という、ロタウイルスによっ...

赤ちゃんが下痢の時、お風呂に入れるべきかについて解説します。赤ちゃんが下痢をしてしまった時、お母さんはまず、原因を考えるのではないでしょうか。寝ている時にお腹が冷えてしまったのか、風邪をひいてしまったのか、それとも離乳食がいけなかったのかなど、色々考えながら病院へ連れて行くことになります。医師の診察を受けて薬を処方してもらえば、ほっと一安心になりますが、直ぐに下痢が治らなかったり、何度もしていた場...

ここでは赤ちゃんの下痢対策としての「りんご」と「ヨーグルト」について解説します。赤ちゃんが少し成長をしてきて首がすわり、そしてお座りができるころにはちょうど6ヶ月頃かもしれません。この時期に離乳食を始めます。そしておかゆから始まり、少しずつ慣れていきます。そしてもし赤ちゃんが下痢になってしまったら、是非りんごを食べさせてあげましょう。他にもバナナやかぼちゃ、ニンジンやじゃがいもなどもあたえることで...

ここでは心配な赤ちゃんの下痢と回数についての関係について解説します。赤ちゃんが体調不良になると出やすい症状が鼻水、咳、下痢となります。これはまだ内蔵がまだ未成熟なためうまく調節ができないためなのです。この中でも親が心配になってしまうことが下痢となっています。これになってしまうと1回では収まらずに何回も出てしまうのです。回数が多すぎると段々衰弱してしまう赤ちゃんもいるのです。そんなときにはこのように...

ここでは赤ちゃんの酸っぱいにおいの下痢について説明します。赤ちゃんの下痢が酸っぱいにおいがするときは、ウイルス性胃腸炎の可能性があります。ウイルス性胃腸炎で主なものは、ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどです。ロタウイルスは予防接種があります。二回飲むものと三回飲むものがあります。期間が限られているので早めに受けましょう。下痢の他に、嘔吐や発熱などが現れる場合もあります。高熱の場合はロタ...

ここでは赤ちゃんが保育園に通う場合の下痢の対応について解説します。保育園に通う赤ちゃんが下痢になると自治体や保育園での基準にも寄りますが3〜4回続くと、熱がなくても保護者に保育園からお迎え要請の電話がきます。このとき保育園に登園する前の朝の段階で下痢をしていた場合も一回とカウントされることが多いです。ウンチの処理ですが園内に感染症が広がる危険性があるため、衣服についたウンチは洗わずにビニール袋に入...

赤ちゃんが下痢の時に予防接種を受けてもいいものでしょうか?赤ちゃんは、まだまだ腸が未熟なので、ちょっとした原因でよく下痢をします。また、未熟なために、一度下痢になるとなかなか治らず、しばらく続いてしまうことがあります。そんな小さな赤ちゃんの時期は、予防接種を何度も受けに行かなくてはならない時期と重なります。定期接種は、受けさせたい勧奨月齢もありますので、なるべくその期間に、時間の無駄なく受けさせた...