赤ちゃん 咳 ゼーゼー

赤ちゃんの咳でゼーゼー音が聞こえる時の対処法


赤ちゃんの咳が「ゼーゼー」している時って心配ですよね。
ここではそういう咳の対処方法について解説します。

 

赤ちゃんはとてもデリケートで、様々な要因で体調を崩す事があるので注意が必要です。
その中でも、風邪の症状が特に多く見られます。
寒い冬の時期以外にも、暑い夏場にも夏風邪などが流行したり、エアコンで冷え過ぎたりすると風邪を引きやすくなってしまう事があります。
風邪を引いてしまうと、発熱や鼻水、咳などの症状が出ます。
特に咳の症状は直接呼吸にも影響しますので長引くと命にかかわる場合もあります。
咳は、乾いた音のするものからゼーゼーという苦しそうなものまで様々ですが、ゼーゼー音のものには喉に痰がからんで空気の通り道が狭くなっている可能性があります。
大人であれば、痰は自分で吐き出す事が出来ますが、赤ちゃんにはそれがとても難しく、大人が取ってあげる事も容易ではありません。
ですから、なるべく痰そのものが喉にからまないようにしてあげる事が大切です。


スポンサーリンク


痰が喉にからまないようにするためには、まずは水分を多めに取らせる事が大切です。
水分を取る事は熱がある場合にも汗をかきやすくし、熱を早く下げるのに役立ちます。
そして、出来るだけ早く病院を受診する事も大切です。
病院では、痰をからみにくくし、排出を助ける薬を処方してくれる所が多いので、そのような薬を処方してもらい、赤ちゃんに飲ませてあげるとゼーゼー音が次第に落ち着いてきます。
また、咳そのものが風邪によるものなのか、あるいは違う原因によるものなのかも判別してくれるので、出来る限り早めの受診が大切です。
風邪以外の原因は、喘息である事が多く、処方される薬も飲み薬以外に吸入薬や貼り薬などがあります。
吸入は主に病院で行う事が多く、気化した薬を吸い込む事で気管支が拡張され、呼吸が楽になるので即効性があります。
貼り薬も同様に気管支を拡張する成分が皮膚から吸収されるため、飲み薬や吸入と併せて効果的に使用するのが良いです。


スポンサーリンク