赤ちゃん 咳が治らない 外出

赤ちゃんの咳が治らない時に外出してもいいかどうか


赤ちゃんの咳が治らない場合、外出をしてもいいか悩むかと思います。
ここではそういう場合の判断、対策について解説していきます。

 

赤ちゃんが風邪をひいて熱は下がったものの鼻水や咳が治らないことはよくあります。
特に寒い季節は完全に治るまでに時間がかかります。
完全に治るまで外出せずに生活するのはとても難しいです。
いつから外出してもいいのかの判断基準を紹介します。
まず、本当に赤ちゃんの病気は治りかけているのかどうか確認が必要です。
熱ですが、昼間よりも夜間の方が高くなるので、夜に熱がないかみてください。
熱がなければ、赤ちゃんの機嫌がいいかどうか確認してください。
お腹がすいた、眠いなどのではなく、理由もなく不機嫌な状態が続いていれば、それは体調が悪いせいかも知れないからです。
このような状態のときは風が振り返す危険もあるので外出は控えましょう。
また、寝ているときにいびきをかいているような場合は要注意です。
扁桃腺肥大や鼻の疾患があるかもしれないので控えましょう。


スポンサーリンク


また、治りかけという状態は体の働きが完全に治ったということではなく、免疫機能は健康なときよりも低下しています。
風がぶり返すこともあるので注意しましょう。
そして、体内にウイルスなどがいる状態なので、周りに遷す危険性があります。
人ごみや公園などは避けましょう。
どうしても外出しなくてはいけない時は、赤ちゃんの服装をチェックしてください。
必要以上の厚着などで汗をかきすぎて悪化することもあるので気をつけましょう。
何よりも赤ちゃんの体調を第一に考えて行動するようにしてください。
熱がなくても鼻水や咳が治らないということは完全に治ったわけではないのです。
治りかけの時は体力も弱っているので、外出はできるだけ短時間ですませるようにしましょう。
また、準備万端の状態ででかけるようにしてください。
保険証や着替えなどを持っておくといいでしょう。


スポンサーリンク