赤ちゃん 熱 下げる

赤ちゃんの熱を下げるには?


赤ちゃんの熱を下げる方法について解説していきます。

 

いつも元気いっぱいの赤ちゃんが、突然熱を出す事があります。
昼間は元気だったのに、夜になっていきなり苦しそうにしているのを見ると、お母さんは慌ててしまいがちです。
何かおかしな物を食べさせてしまったのだろうか、などと原因を探す前に、まずは目の前の赤ちゃんのことを考えてあげましょう。
そもそも、熱が出るのは体の自然な反応でもあります。
ウイルスなどが体の中に入り、それを追い出そうと闘っている状態です。
ですから、すぐにそれを下げる事は病原菌に対する抵抗力が完全に機能しない状態になってしまうので注意しましょう。
しかしながら、熱で顔が赤くなったり呼吸が苦しそうになっているのをただ見ているのは辛いことですので、他の症状が無いかを確かめます。
咳や鼻水など、風邪の症状がある場合は、そちらの症状の方が辛い場合もありますのでよく観察してみましょう。


スポンサーリンク


症状がだいたい把握できたら、なるべく早く病院を受診するようにします。
把握した症状を的確に医師に伝えましょう。
そして、それに見合った処置をしてもらったり薬を処方してもらったりしたら、自宅に帰り、医師の指示通りに薬を飲ませ、経過を見ます。
なぜ早い段階で病院を受診するかというと、思わぬ病気が隠れている可能性もあるからです。
素人の判断で風邪などと決めつけてしまうのは危険です。
赤ちゃんは自分で体調を説明する事が出来ませんし、赤ちゃん特有の病気にかかる事もあるので、専門知識を持った医師にそれらの可能性がないか診てもらう事はとても重要です。
それがないか確認したら、後は赤ちゃんを少しでも楽な状態にしてあげるよう努めます。
熱が下がるように解熱剤を飲ませる、脇の下にガーゼなどで包んだ保冷剤を挟むなどすると早く楽になります。
鼻水などは鼻吸い器などで吸い取り、咳止めなどの薬を飲ませると呼吸も楽になり、寝やすくなります。
そして、眠っている間に汗をかいたらこまめに服を取り替えたりします。
水分補給も忘れないようにしましょう。
眠る事で抵抗力も上がりますので、なるべく楽な状態にしてあげて眠りを誘い、後は自然治癒力で回復するのを待ちます。


スポンサーリンク