赤ちゃん 熱 何度から

赤ちゃんの高熱対策は何度から?


ここでは赤ちゃんの熱対策、気にすべきは何度から
なのかについて解説していきます。

 

赤ちゃんの体温は大人よりも高めです。
37度でも元気に遊んでいることもあります。
ママからの免疫を受け継いではいますが、体力は出来上がっていません。
自分で訴えることができないので、ママの判断は最重要です。
特に1歳未満の高熱は、いつもお世話しているママでも焦ります。
高熱中はこまめな検温が大切です。
なぜかと言うと、ほんの30分程で一気に上がることがあるからです。
気がつかずに何時間もあけてしまうと、脱水症状になってしまう危険があります。
赤ちゃんの体温は、室温や天候でも簡単に変化してしまいます。
赤ちゃんは、大人のように自分で体温調節できないからです。
そのため、こまめに体温を測ってあげることが必要です。
上がりきるまでが辛いところです。
検温には耳で計るものや、デジタルで短時間で計れるものがあるので、便利に使い分けましょう。


スポンサーリンク


赤ちゃんの高熱は何度からになるかと言うと、一般的には37.5度以上です。
普段より37度程ある赤ちゃんは、もう少し高温にならないと気がつかないことがあります。
検温の数字だけで判断せず、体全体の症状もよく見ましょう。
発熱中の症状は1つではありません。
同じ体温でも元気に笑っていたり、ぐったりして授乳も進まない子もいます。
新生児の平均体温は36〜37.5度で、大人よりも高温です。
季節に左右されることもあり、夏の暑い環境では簡単に37度まで上がります。
これは、新生児の体温調節機能が未発達だからです。
体温を自分で調節できないので、変化しやすいのです。
特にお風呂上がりは体が温まっているので、すぐに検温すると発熱と間違ってしまうので注意しましょう。
病気の場合は、元気の無さだけでなく、湿疹の有無や、目の充血、耳の痛みがあるかどうかで病名が変わるのです。


スポンサーリンク