赤ちゃん 熱 手足 冷たい

発熱している赤ちゃんの冷たい手足


ここでは赤ちゃんが熱を出して手足が冷たくなった時の対策について紹介します。

 

赤ちゃんは基本的に体温が高いです。
37度ぐらいあります。
そして普段から体温調整がしずらいのが特徴です。
なので、お腹や胸などは温かいのに手足は冷たいという事もあります。
手足が冷たいのは待ったのの毛細毛管を収縮させて体の中心に熱を集めています。
そうすることで、体温を調整しています。
小さいからこそ、できる能力です。
しかし冷たい手足を温めてしまいすぎると末端の毛細血管が緩まって手足から熱が逃げてしまします。
なので、お医者さんにとっては靴下は必要ないと言われて場合もあります。
また逆に見た感じが寒そうに見えてしまうので、世間では靴下を履いた方がいいといわれることもありますが、適度に体温調整できれば、どちらでもいいです。
極寒で外に出るのであれば、靴下が必要ですので、こまめに汗をふき取るなどしてお世話をしてみるといいです。


スポンサーリンク


また赤ちゃんの発熱の初期症状として寒そうに震えているいる場合があります。
これは視床下部が熱を命令を出していて赤ちゃんの筋肉が熱を生産しています。
その特に筋肉が収縮されるので、震えるようにみえます。
また寒がっている場合はこれから体温が上がる途中ですのでお布団をかけて体を温めてあげるといいです。
また手足が冷たいのも特徴です。
足の裏も冷たいこともあります。
体温が上昇して上がりきる頃には暖かくなってきますので、そこから、こまめに汗を拭いてあげると効果的です。
その際に脱水症になっていないかも確認しておくといいです。
オムツをこまめに交換しておしっこやウンチがでているか確認してみます。
もしおっぱいやミルクを飲めそうであれば飲まてあげます。
また白湯やお茶などもスプーンであげたり、マグで飲む練習をしていれば、飲ませてあげて水分補給すると脱水を防げます。


スポンサーリンク