赤ちゃん 熱 足が冷たい

熱がある赤ちゃんの足が冷たい時の対処法


ここでは赤ちゃんが熱を出して足が冷たくなった際の対処について解説します。

 

赤ちゃんが突然熱をだすと、とても慌ててしまいます。
しかし、しっかりと対処法を知っていると落ち着いて対応できます。
赤ちゃんが風邪をひいたりして高温になるのには理由があります。
風邪の原因である菌やウィルスは高温に弱いです。
そのため体内に入った菌やウィルスを排除しようとして、体温をあげるのです。
ですから、無理に下げようと薬をすぐに使用するのではなく、高すぎて辛そうな時だけ薬を使うようにした方が良いです。
赤ちゃんは普段から手足は冷たいですが、熱の時に体は熱いのに手足が冷たい場合は、まだまだ上がっていく途中です。
大人も熱の上がりはじめは寒気がして寒いので温かくしますが、それと同じように手足が冷たい場合は部屋を温かくして、お布団もかけてあげると良いでしょう。
20分から30分くらいで手足は温かくなります。


スポンサーリンク


手足が冷たい場合は温めますが、手足が温かくなったら今度は温め過ぎに注意が必要です。
赤ちゃんは自分で体温調節をする事が難しいので、しっかりケアしてあげないといけません。
温め過ぎると高温になりグッタリしてしまいます。
手足が温かくなったら、おでこや脇・足の付け根などを冷やしてあげると良いでしょう。
汗をかいている時は、熱を発散させようとしていますので、こまめにシャツやシーツを交換して、下がるのを促してあげましょう。
あと1番大切な事は水分補給です。
汗をかいて体内の水分が減少します。
このままですと脱水症状になってしまいます。
一気に沢山水分を摂るより、こまめに水や赤ちゃん用のイオン水・スポーツドリンクなどを飲ませて、病気と闘うエネルギーの補給をしっかりしてあげましょう。
2・3日もすれば元の体温に戻ります。


スポンサーリンク