赤ちゃん 熱 対応

赤ちゃんの熱が出た時の対応方法


赤ちゃんの熱が出た場合の対応についてお伝えしていきます。

 

赤ちゃんの熱は保育園に行き始めたときや母乳免疫が切れた生後6ヶ月過ぎに良く出すようになります。
ほっておくと痙攣などを起こし、重篤な生涯などに結びつく場合があるので早めに対処するのが大切です。
熱が出た場合、まずはまめに体温を測りましょう。
熱が上がりづつけるのか、それとも下がるのか、体温が変わらないのか、その変化を見るのも大切です。
下がるのでしたら回復傾向ですが、上がり続けるようでしたら早めに小児科に受診します。
そして次に水分補給です。
赤ちゃんの場合、母乳やミルクをキチンと飲めていて、おしっこもきちんと出ているようでしたら水分補給の対応は大丈夫です。
どちらも飲む気力がないようでしたら、スプーンに少しずつ唇や舌先をぬらすように少しずつこまめにあげるといいです。
それすら拒否したり、おしっこが極端に黄色い色をしていたり、まったく出てないようでしたら脱水の症状がでているので早めに小児科に受診してください。


スポンサーリンク


熱を下げるために保冷剤を赤ちゃんに当てるのですが、当てる場所は動脈の部分が効果的です。
具体的にいうとわきの下や太ももの付け根がそうです。
保冷剤を真ん中にしてタオルで筒状に包み、赤ちゃんの太ももの付け根やわきの下に保冷剤があたるように軽く巻きつけてしばります。
冷えピタはおでこに張るとはがしてしまうので背中に張った方が効果的です。
そして何よりの対応法は母親を始め看病している本人が倒れなよう注意することです。
熱は数日続くことも多く、夜中も夜泣きで眠れないことが多いです。
ご飯を食べる暇もなくなり、日ごろの疲れや産後の体調不良で共倒れする事も多いです。
まずは自己管理が大切になります。
そのため看病に集中して、寝れる時は赤ちゃんと一緒に家事などやらずに昼夜問わず寝て睡眠時間をこまめに確保することも大切です。
食事は頼めるなら作ってもらったり、お惣菜やお弁当でも看病の間だけは利用するのも一つの方法です。
最後に必ず小児科に受診し、早めの適切な処方と対応法を確認することが何より大切です。


スポンサーリンク