赤ちゃん 熱 目やに

赤ちゃんの熱や目やにの発症について


赤ちゃんを育てていくうえで、さけては通れないものの中に
熱や目やにがあります。
どちらも、一度は経験されているはずです。
経験がなくてもこれから発症するかもしれないのでその対処方法を確認しておくといいです。
特に夜間の発熱はどうしていいかわかりません。
なので、一度病院に問い合わせをしてみて、すぐに受診が必要なのか聞いてみる事がおすすめです。
また、普段から赤ちゃんの熱を計測をしておく事がいいです。
そしてもし何かあった時に平熱を知っておくことで、赤ちゃんの急変を察知することができます。
また計測の際には必ず、いつも同じ時間帯で測ると正確です。
時間帯によっては体温が違ってきます。
また。
機嫌が悪かったり、おしっこやウンチなどの排泄も通常通りか確認しておくとわかりやすいです。
もし、痙攣などであれば、夜間開いている病院に問い合わせて緊急なものか判断を
聞いてみましょう。


スポンサーリンク


赤ちゃんの咳は風邪の症状は大半です。
そして6ヶ月頃までは御母さんの免疫があるので、比較的病気になりにくいですが、すこしずつその免疫も減っていき、外部との接触が増えてきます。
そして風邪を引きやすくなります。
そしてくしゃみや鼻水や咳などを発症します。
まれに、発疹や目やになどもでることがあります。
これは咽頭結膜熱といわれるもので、夏の風邪で結膜炎になります。
そして目が赤くなり、目やにがでます。
なので、気になる方は小児科で眼科で診てももらうことが必要です。
そして目やには何かしらの原因を知る事で解決できるので検査をしてもらう事で判明します。
普段の予防として、風邪を引かないように日頃から規則正しい生活することで免疫力が高まります。
赤ちゃんだけではなくお父さんやお母さんも規則正しい生活をすることで家族からの風邪がうつることもす少なくなります。

 

赤ちゃんの熱や目やにの対処方法についてでした。


スポンサーリンク