赤ちゃん 熱 冷えピタ

赤ちゃんが熱を出した時には、冷えピタが便利


赤ちゃんの熱対策として「冷えピタ」について紹介します。

 

赤ちゃんは、昼間は元気に遊んでご機嫌に過ごしていたのに、夜になって急に熱を出したりすることがよくあります。
夜中や予期していない時の熱は、親にとっても不安で慌ててしまいます。
そんな時に重宝するのが、「冷えピタ」です。
冷えピタには、大人用と子供用とベビー用があり、ベビー用は、赤ちゃんのおでこのサイズに合うように小さめになっています。
また、無香料、無着色で、誤って食べてしまわないように苦味成分を配合してあるので、赤ちゃんに使用するために配慮もされたものです。
また、シートには水分たっぷりのジェルが付いているのが特徴で、そのシートに含まれる水分が熱を取り込みながら蒸発するので高い冷却効果が持続するのです。
肌につけても安心な弱酸性のシートになっています。
赤ちゃんに使用するものは便利で効果があるからだけではなく、安心して使えるというのは切り離せない条件になります。


スポンサーリンク


熱を冷やすために、タオルや氷などで冷やすのは昔からしてきた一般的な方法ですが、この方法だと短時間にタオル冷やしなおしたり、氷を入れなおしたりしなくてはいけません。
しかし、冷えピタはその心配がありません。
冷えピタの良いところは、1度貼ったら8時間冷却してくれるというところです。
冷やすために、何度も貼りかえる必要がないのですごく助かります。
熱を出している時の赤ちゃんは、機嫌が悪いことが多く、ぐずったり泣いたりするのでじっとしていません。
タオルや氷だと冷やすことすら難しくなってしまいます。
冷えピタは、名前の通りピタッとおでこにひっついてくれるのではがれたりしないので8時間しっかり冷却してくれる優れものです。
看病している間は、なかなか気が抜けない親にとってとても助かる便利なアイテムとして多くの人から認知されている理由も理解できます。


スポンサーリンク