赤ちゃん 熱だけ

赤ちゃんの発熱で症状が熱だけの場合


赤ちゃんが発熱して、症状が熱だけで他に特にない場合はどうすべき何でしょうか?
病院にいくべきか悩みますよね。

 

赤ちゃんの熱で気を付けたいのは生後3か月未満で38度以上のときです。
そのときはすぐに病院へ行った方が良いです。
3か月以降の赤ちゃんではまず様子を見ましょう。
熱の高さよりも赤ちゃんの機嫌の善し悪し、水分が摂れているかどうか、他に症状がないかを確認します。
熱だけで他に症状もなく水分が摂れているようなら、引き続き脱水症状にならないように水分補給をこまめに行いましょう。
手足が冷たいようならまだこれから熱が上がる可能性があります。
手足が熱くなってきたら熱が上がり切った状態です。
そうしたら冷やしてあげましょう。
冷やすと効果的な部位は脇や太ももの付け根辺りです。
熱が高いと不安になったり心配になりますが赤ちゃんの様子、変化を慌てずに落ち着いてよく観察しましょう。
水分が摂れていて機嫌がそこまで悪くなければ大丈夫です。


スポンサーリンク


熱が高くてうまく寝ることができない場合は解熱剤を使うこともあります。
38.5度以上のときに使用できます。
ですがぐったりしていなかったり、眠れているようならあまり使わない方が良いです。
解熱剤は一時的に熱を下げるだけなので薬が切れてくるとまた熱が上がってしまいます。
その反動がきつかったりします。
また痙攣を起こしやすくなったりします。
ぐったりしていなければ使わないことをおすすめします。
熱はウイルスと闘うために出るものです。
熱を出すと心配になりますが熱を出すという経験を重ねることで免疫力、抵抗力を高めて行きますので決して悪いことではありません。
ただし、2〜3日で下がらない場合は受診をして下さい。
以上が赤ちゃんが発熱したとき、熱だけのときの対応の仕方になります。
尚、よく熱が高いと脳が…と心配されますが熱だけでは脳症を起こすことはありません。


スポンサーリンク