赤ちゃん 鼻水 吸い方 口

赤ちゃんの鼻水を大人の口で取り出す吸引機の吸い方


赤ちゃんの鼻水を吸引器を使う、口での吸い方について解説しています。
赤ちゃんを育てている方ならばよくご存じですが、様子をみていたりしたら、鼻水が良く出てきます。
まだ幼い頃は鼻をかむという行為が出来ない赤ちゃんは垂れ流し状態になります。
その為、鼻の中に細菌が貯まって病気になる場合があるのです。
病院や小児科へ行った時はおそらく鼻を吸ってもらっていることが多いことです。
では、毎度のように病院へいって鼻水を取って貰うのも面倒で大変なことであります。
そんな家庭でも出来る方法を説明します。
最近では市販で鼻吸引機などが売られております。
病院においてあるような機械も売られておりますが、ここまで大層にしたくないという方へ簡易用の鼻吸引機があります。
いわゆる口で吸い出すものであります。
これはドラッグストアやベビー用品店で安価で販売されているので一つでも持っていると便利なものであります。


スポンサーリンク


使い方と吸い方は、細いパイプを赤ちゃんの鼻につけてもう1つのパイプを大人の口へと、その後吸い出すというものです。
出て来た鼻水は、中間にある小さなタンクへ貯まるので、直接大人の口へ入ってくることがないのです。
吸引する力もそれほどいらないのであります。
また、吸引中は赤ちゃんが嫌がります。
無理やりすると鼻への影響もあるのでタイミングをみて行うようにします。
これらの商品は色々なものが出ております。
自分にあったものを探されると良いです。
他には、ポンプ型ものなどがあります。
赤ちゃんの鼻へ付けてゴムポンプで吸い出すというもの、ハンディー型の電動吸引機などこれらの関係商品は、色々ありますが、手軽なのは、持ち運びにも便利な口で吸い出し出来る吸引機です。
生後3歳位までは使えるので持っていると本当に便利なものであります。


スポンサーリンク