赤ちゃん 鼻水 嫌がる

鼻水をとるのを嫌がる赤ちゃん


赤ちゃんが鼻水を嫌がる場合の対策について解説します。

 

赤ちゃんにとって鼻水がでるのはごく自然の事です。
特に生まれたては鼻の穴が狭いです。
そして粘膜が敏感になるので、少しの温度の変化でくしゃみや鼻ずまりをしたり、鼻水がでます。
なので、こういった症状があると風邪をひいたのではと思うかもしれませんが普通の事なので、慌てず、熱を毎日、検温してみましょう、また御母さんのおっぱいやミルクをあまり飲まないなど食欲がないのであれば、一度小児科でみてもらってもいいかもしれません。
それ以外の症状であれば状態をみて、鼻水をこまめに取ったり、鼻水をとってくるグッツがありますので、利用してみましょう。
また乾燥することで出ることもあるので、湿度おチェックしておくのもお勧めです。
そして蒸しタオルで鼻を温めたり、すると鼻の通りがよくなりますので、いろいろな方法で試してみるといいです。


スポンサーリンク


しかしながら、赤ちゃんにとって鼻水を吸ったり、とったりする行動は嫌がることがあります。
なので、機嫌のいい時などに行なってみましょう。
またなるべく短時間でとってあげると嫌がりません。
とるのを長引かせると大泣きしらり、機嫌が悪くなるので、気を付けましょう。
吸引器もいろいろな種類もあります。
大母さんがチューブを加えて吸うだけですので、強弱をつけて調整をしてみましょう。
始めは少し難しいかもしれませんが、次第に慣れてきますので、根気よく、こまめにとってあげるといいです。
また電動の吸引器もあるので、お母さんのやり方で難しいということであれば、電動を使ってもいいかもしれません。
こちらは衛生的ですが、少し価格はお高めです。
しかし、手軽に簡単にできますので、頻繁にできるので中耳炎を予防できるので、中耳炎になりやすいお子さんをお持ちであれば利用してもいいかもしれません。


スポンサーリンク