赤ちゃん 下痢 お風呂

赤ちゃんが下痢の時、お風呂はどうするか?


赤ちゃんが下痢の時、お風呂に入れるべきかについて解説します。

 

赤ちゃんが下痢をしてしまった時、お母さんはまず、原因を考えるのではないでしょうか。
寝ている時にお腹が冷えてしまったのか、風邪をひいてしまったのか、それとも離乳食がいけなかったのかなど、色々考えながら病院へ連れて行くことになります。
医師の診察を受けて薬を処方してもらえば、ほっと一安心になりますが、直ぐに下痢が治らなかったり、何度もしていた場合には、赤ちゃんのお尻は赤くかぶれたようになっているかもしれません。
赤ちゃんの皮膚は柔らかくてバリア機能も未熟なので、ちょっとした刺激で荒れたようになってしまいます。
何度もお尻ふきで拭いた上に、常に湿り気の多いおむつをしているので、上手にケアをしてあげないといつまでも痛みを伴って不快な思いをすることになります。
下痢をして辛いのにお尻も不快では、かわいそうなことです。


スポンサーリンク


お風呂に入れて、皮膚の汚れを洗い流してあげることができれば、それが一番でしょう。
しかし、下痢の原因が風邪だった場合などでは、お風呂に入れることで赤ちゃんが体力を消耗してしまい、風邪の方を悪化させてしまうので、お風呂に入れることはできません。
また、下痢が続いている場合も、湯船の中に漏らしても大変なので、控えた方がよいでしょう。
それでも、お尻をきれいに洗ってあげて不快感を取り除いてあげたいので、洗面器などにお湯を汲んだものやシャワーを利用して、刺激の少ない石けんなどで優しくお尻を洗い流してあげるとよいでしょう。
洗った後は、丁寧に素早くタオルで拭いてあげて、風邪などを悪化させないようにします。
赤ちゃんが弱っている時は、皮膚をきれいにしてあげたい時でも、ケアさえしっかりすれば、無理にお風呂に入れなくても大丈夫です。


スポンサーリンク