赤ちゃん 咳 お風呂

赤ちゃんが咳の時お風呂に入れる?


赤ちゃんが風邪などで咳をしている時
お風呂に入れるかどうか迷う親御さんは多いのではないでしょうか?

 

無理にいれて、症状が悪化しては大変なので、お風呂に入れるかどうかの判断のポイントをあげていきます。
まず、熱があるかどうか確認してください。
平熱とどのくらい違うのかが重要なので、平熱を知っておくということも大切です。
例え熱がなくても、元気がない場合は避けましょう。
あまり咳が出ていなくても、普段より機嫌が悪かったり、いつもよりよく寝ているというような場合は無理に入れなくてもいいでしょう。
熱がない場合で、鼻が詰まっていたり、咳に痰が絡んでいるような時はお風呂はおすすめです。
蒸気などで喉や鼻に潤いがでるので、症状が楽になります。
入浴させるかどうかは、全身の状態をみて、できれば短時間ですませることをおすすめします。


スポンサーリンク


咳が出て、夜良く眠れていないような場合は、お風呂は避けた方がいいでしょう。
入浴は体力を使うので、あまり眠れていない状態で入るのはやめましょう。
夏場などで汗をかきやすい時は、体を拭いてあげましょう。
咳がひどくて眠れないようなら、クッションや重ねたタオルなどを背中の下にいれて上半身を少し高くすることで呼吸が楽になり眠れるようになります。
赤ちゃんは抱っこして背中をさすってあげるのがよいでしょう。
仰向けよりも、横を向いて眠ったほうが気管が広くなるので楽になります。
赤ちゃんを入浴させていいかどうか判断に迷った時は、かかりつけのお医者さんに相談してください。
どのような症状の時に入浴をしてはいけないかどうかを説明してくれるお医者さんもいますが、なかなか細かく教えてもらえない場合は、上記の判断ポイントを参考にしてみてください。


スポンサーリンク